「たかが学生」がせどりに参入!!

高校生せどら~「かに」が日々のせどり雑談を書きます!! アフェも親の名義で登録したので、頑張って紹介します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[系列サイト]
クレジットカードの賢い選び方~クレジットカードの比較~
クレジットカードの賢い選び方・クレジットカードの比較~永久機関編~
クレジットカード比較・永久機関・Edy・陸マイルのページⅠ
クレジットカード比較・永久機関・Edy・陸マイルⅡ

ん~そうなんですか?

その一つが携帯サーチの有料販売という新たなジャンルの開拓につながったと思うのですが、無料サーチが登場した時点で、ひろとの携帯サーチは有料販売する口実がなくなってしまいました。

裏返せば、ひろとだけが携帯サーチを提供しているうちは有料販売していて当然だったと言えますね。

【心技体】情報起業家に騙されない防衛術

私はそうは思いません。

世の中何でもそうじゃないですか?一番最初に考案した者が料金をボッタくる。その後、考案したものが別企業から無料提供され始めても料金を『ボッタくり続けるor値下げしてまで料金をとり続ける』の2パターンだと思うんですが。

例えば、、、求人誌でも同じ事が言えるのではないでしょうか。

フロ○エーなどの求人誌は未だにお金をとり続けています。しかしフリーペーパーなるものが発行されて、求人情報は無料で入手することが可能です。また、フリーペーパーもCMを放送し始めました。
その結果、フロ○エーなどの求人誌(無料誌とは決定的に情報量の違いはありますが)はフリーペーパーの風に押され発行部数を減らしています。

携帯サーチもこれと同じ事が言えるのではないでしょうか。
hissoriさんを始めとする様々な方が情報起業家に対しての注意を呼びかけています。
その結果、せどりノウハウは売り上げが鈍っている(?)と思われます。だから新せどりノウハウを販売して売上回復を狙ったんでしょうが。

将来、確実に有料のものは淘汰されていく時代となるでしょう。しかし、絶滅するということは無いと思いますね。ただし、せどりノウハウの場合、初心者を相手にした商売を止めない限り、求人誌の場合、無料誌が情報量の差を埋めれない限り、先程も言いましたが絶滅は無いでしょう。

それが初期考案者の強みではないのでしょうか。

たかが学生がでしゃばってすいませんでした。

ランキングお願いしますm(。_。;))m ペコペコ…

スポンサーサイト



[系列サイト]
クレジットカードの賢い選び方~クレジットカードの比較~
クレジットカードの賢い選び方・クレジットカードの比較~永久機関編~
クレジットカード比較・永久機関・Edy・陸マイルのページⅠ
クレジットカード比較・永久機関・Edy・陸マイルⅡ

テーマ:Amazonマーケットプレイス - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。